テニス観戦好き。
  特にアメリカのアンディ・ロディックを応援しています。
  他にも気になる選手が沢山います。
  お気軽にコメント残してくださいね♪


AndyRoddick.com
↑アンディ・ロディック情報

人気ブログランキング参加中です。↓クリック宜しくお願いします!


ATP 全大会カレンダー

-------------
自己紹介
名前: la mer (らめーる)
住所: アメリカのシアトル在住
職業: 育児係
テニス観戦歴: 2001年5月~
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【AWTF2009】祝・..
from タケゾウ日記
今日は何の日?点点子(デ..
from タケゾウ日記
リシャール ガスケ
from YouTube無料動画館
〈SEOP〉男子シングル..
from タケゾウ日記
〈AMS/PLO〉男子シ..
from タケゾウ日記
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事:アメリカ唯一の赤土クレイコートがなくなる!?
2007年 02月 08日
記事リンク:http://www.chron.com/disp/story.mpl/sports/4529035.html

ヒューストンの大会「US Men's Clay Court Championships」はアメリカの大会では唯一赤土のクレイコートを使用していて、全仏と同じものを輸入し使用していると聞いたことがあります。

しかし、先日コートを設計したフランスの会社から契約違反により訴えられてしまい、今後はもう赤土は使用せず、グリーンのクレイコートとなるそうです。

因みにこの大会でアンディはシングルスでは3回優勝、ダブルスでも1回優勝しています。昨年はアンディの親友お魚君フィッシュも優勝しています。ですので、クレイの苦手なアメリカ人選手が唯一「赤土」で活躍できる場であったこの大会がグリーンになるのは残念だと思います。でも個人的にはアメリカ人のクレイ・コート苦手症候群にあんまり良い気分ではなかったので、ここらでもう本場ヨーロッパのクレイに早々と行って修行するのが一番の苦手克服の近道だと思っています。またこの大会はいつもマスターズ・シリーズ・モンテカルロの直前に日程が組まれることが多く、アンディや他のアメリカ人選手は連続で試合に出たがらず、モンテカルロはよくスキップしています。

ただ、アンディはそれでも今後この大会に出場するのでしょうか?出場しそうな気がします。というのもこの大会の責任者であるMcIngvale(マッキンベイル?)さんにはかなりVIP扱いされていると聞きます。義理と人情のしがらみから出場を断ることは出来なさそうな気がするんです。

因みにこのMcIngvaleさん、2003年のマスターズ・カップを自分の所で開催したときに、アメリカ人選手贔屓で他国選手(特にフェデ)に無礼な態度を取ったとして大批判されてましたよね^^:。それからは彼なりにも反省したらしく、次の年にも開催したときは、態度がとても良くなっていたそうですが。

さて、赤土のクレイコートの話に戻りますが、アメリカ人がヨーロッパのクレイで活躍できないのも、クレイコートが少ないというのが原因の一つと聞きますが、コートを増やせないのは、この記事にも記述されていますが、管理するのは費用がかかって大変なのが理由なのでしょうか。それならどうしてヨーロッパではあんなに普及しているのでしょうか。素朴な疑問です。





Feb. 6, 2007, 12:28AM
Newsmakers
Westside going for green
Club switching from red clay; French company sues for breach


By DALE ROBERTSON
Copyright 2007 Houston Chronicle

TOOLS
Email Get section feed
Print Subscribe NOW
As a cost-cutting measure, the final U.S. Men's Clay Court Championships at Westside Tennis and Fitness Club, April 9-15, will be played on American green clay, not the photogenic French red clay of the past six springs.

The United States Tennis Association, which owns the tournament, approves of the change, according to a USTA spokesperson. But the French company that built Westside's red clay courts and refurbished them before last year's tournament is not pleased.

Supersol has sued the club for breach of contract, asking for $233,000 in damages.

The firm, also charged with maintaining the world's most famous red clay courts at Roland Garros, is being represented in Houston by Arthur Feldman and Associates. Feldman e-mailed the Chronicle a copy of a contract between Linda McIngvale and Supersol that McIngvale appears to have signed in December, requesting its contractors return to Houston for several weeks this winter to refurbish the courts.

"My clients assumed they had a deal," Arthur Feldman said. "The contract was signed and returned (to Supersol). They planned to be here working (this month). You can't back out of a contract."

McIngvale and her husband, Jim, the Gallery Furniture impresario, own Westside together and she oversees the club's daily operations.

The McIngvales decided last fall not to extend their commitment to the USTA to host the Clay Courts, citing declining interest in the event because of soft fields, problems with maintaining the surface and their desire to reshape the facility as an all-around family fitness venue.

Based on copies of e-mails Feldman also provided, Linda McIngvale later changed her mind about bringing the Supersol team in, blaming the exchange rate between the dollar and the euro, which is near a historic low, for making the project "something we cannot afford to do this year."

The agreed-upon price was 253,352 euros, or approximately $328,000, according to the lawsuit filed last week in U.S. District Court.

The amount sought in damages is presumed to be Supersol's anticipated profits.

Linda McIngvale confirmed the switch to green clay but wouldn't comment on the suit except to say: "They're a little upset, (but) they don't have a case, in my opinion. We didn't have a contract with them. But I'm really not at liberty to talk about any of it right now.

"(The red clay) is a very, very expensive proposition and always has been. We made the decision we'd rather put that money into improvements for our members long term."

A local company will be contracted to refurbish the stadium and show-court surfaces.

A complication for the club has been having to transition from a clay surface for the tournament to hardcourts for the World Tennis Team season.

dale.robertson@chron.com
[PR]
by lamerarod | 2007-02-08 08:14 | 記事
<< デビスカップ一回戦 アメリカ対チェコ 全豪決勝つぶやき >>
Copyright © 2004-2009 la mer All rights reserved