テニス観戦好き。
  特にアメリカのアンディ・ロディックを応援しています。
  他にも気になる選手が沢山います。
  お気軽にコメント残してくださいね♪


AndyRoddick.com
↑アンディ・ロディック情報

人気ブログランキング参加中です。↓クリック宜しくお願いします!


ATP 全大会カレンダー

-------------
自己紹介
名前: la mer (らめーる)
住所: アメリカのシアトル在住
職業: 育児係
テニス観戦歴: 2001年5月~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【AWTF2009】祝・..
from タケゾウ日記
今日は何の日?点点子(デ..
from タケゾウ日記
リシャール ガスケ
from YouTube無料動画館
〈SEOP〉男子シングル..
from タケゾウ日記
〈AMS/PLO〉男子シ..
from タケゾウ日記
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

全米 QF 頑張りました
2007年 09月 06日
Roger Federer (SUI)[1] def Andy Roddick (USA)[5]
7-6(5) 7-6(4) 6-2


アンディお疲れ。



今回は全豪の時のように気負い過ぎて空回りはせず、ベーグルにもされず、ボコられず、よくやったよアンディ。

ナイトセッションはこっちアメリカでは大抵ジョン・マッケンローが主体として解説しているのですが、今日はアガシがゲスト解説者として来てました。

1セット目
アンディは特に最初から気合入ってましたね。一つ一つのボールを打つたびに声をあげてましたから。サーブは相変わらず絶好調。また「とにかく攻めまくる」という戦略なのか、ストロークはこれでもかっってくらい思いっきり引っ叩いていて、フェデラーを圧倒していたショットが結構多かったと思います。ボレーは相変わらずドタバタ劇場でしたが(特にフェデラー相手だと)、そんなドタバタでもいくつかのショットは決まっていて頑張っていたと思います。また今日は貴重なものを見ました。フェデラーが珍しく汗をかいていたのです!
結局このセットはフェデラーもアンディ両者とも調子良くお互いブレイクポイントを握らせずタイブレへ突入。確か4-4位まで接戦が続きましたが、ここは王者。ギアを上げてサービスエースでセットをゲット。


2セット目
アンディはセットを取られたものの、まだ頑張ってました。サーブはまだ絶好調。そして「これでもかってくらい引っ叩いて攻めまくる戦略」は続行中。いつまで続くのかなぁとちょっと心配でもありました。でもフェデラーもアンディのサーブがブレイク出来ずけっこう苦戦しているように見えました。途中フェデラーのゲームをブレイクするチャンスがあったと思うのですが、ものに出来なかったのは残念だったです。しかしアンディは本当力んで打つなー(苦笑)それはやっぱりフェデラーの流れるような美しいショットを見ているから尚更そう見えてしまうんだろうなぁ。解説者は相変わらずフェデラーのプレイを褒めちぎり。もう何万回も聞いているので正直「もう分かったよ。」という気分になっています。どんなに良いものでも何回も良いと言われたり、「いいでしょーいいでしょー」っと強制的に同意を求められると反発したくなるひねくれ者な私でございます。はい。
このセットも結局ブレイクなしのままタイブレへ。1セット目と同じようにフェデラーがここぞという時にギアを上げてこのセットもゲット。


3セット目
買い物をしに出かけなくてはいけなかったのですが、ベーグルだけはよして欲しいという思いがあったので、1ゲーム取ってベーグルは免れたのを確認してから出かけました。でもその後帰ってきたら試合は終わってました(涙)なんかこのセットのアンディはカミカゼ特攻隊状態だったなぁ・・・最後の方は頑張っていたと思うのですが、全体的に先を急ぎすぎた感じに見えました。早くアプローチしてしまい(しかも浅い)、パッシングショット攻めにされるお決まりパターンになってました(汗)お願いだからもっと落ち着けー!アガシもこういう時は一息つかないと、このセットはすぐ終わっちゃうだろうと言ってました。そしたら本当そうなっちゃった。でもアンディってせっかちな性格だから、一度走り出すとイノシシのようにもうどうにも止まらないのかもしれません。この性格は三つ子の魂百までも状態だから今後改善されることはないと思います。あともっとアタマ使えー!(失礼)例えばネットに出た時にいかにもボレーをしますよー、というような格好でドロップ・ショットを打ったら意外と対戦相手が驚くのでは、と素人ながらに思っているのですが、アンディって真っ直ぐな人だからフェイントしたり、緩急つけることはあんまりやらないのかもしれないですね。

さて、今回負けはしましたが最初の2セットは良い試合だったと思います。アンディらしさが出ていたと思う。あと昨年の全米決勝から密かに思っているのですが、アンディがフェデラーと対戦するとどうしても救いようのない哀れな舌出しアホ顔な犬に見えてしまいます。アンディ、すごく失礼なこと言ってしまってごめんなさい。そしてファンの方にも。とはいってもそんな所が憎めなくて放って置けなくって好きなのです。

これで対フェデラーとは1-14になってしまったのですが、ブラッド・ギルバートの対レンドルの成績0-16よりもまだましと考えておきます。でも引退するまりでにあと1勝はして欲しいです。


とにかく良い試合を見せてくれてありがとう。アンディ。
また言いたい放題言ってしまって本当にごめんなさい。

そしてコナーズに見放されませんように!(というのもマッケンローがコナーズとアンディの関係はもう1年以上経っているけれど、この試合に負けたらどの位持つのかな、というような辛口を言っていたので)
[PR]
by lamerarod | 2007-09-06 16:32 | ニュース
<< デ杯 決勝進出 全米 QF進出 >>
Copyright © 2004-2009 la mer All rights reserved