テニス観戦好き。
  特にアメリカのアンディ・ロディックを応援しています。
  他にも気になる選手が沢山います。
  お気軽にコメント残してくださいね♪


AndyRoddick.com
↑アンディ・ロディック情報

人気ブログランキング参加中です。↓クリック宜しくお願いします!


ATP 全大会カレンダー

-------------
自己紹介
名前: la mer (らめーる)
住所: アメリカのシアトル在住
職業: 育児係
テニス観戦歴: 2001年5月~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【AWTF2009】祝・..
from タケゾウ日記
今日は何の日?点点子(デ..
from タケゾウ日記
リシャール ガスケ
from YouTube無料動画館
〈SEOP〉男子シングル..
from タケゾウ日記
〈AMS/PLO〉男子シ..
from タケゾウ日記
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:観戦記( 11 )

フェデラー マジシャンよりもマジシャン?
2005年 09月 04日
昨日フェデラーとサントロ戦を見ました。

この2人の試合はけっこう気に入っているんです。お互い多彩性のあるプレーで非常にエンターテイメント性があると思うんです。私としては曲者サントロが引き出しからいろんなものを出して、フェデラーの多彩なプレイを引き出しているように見えるんです。昨日も奇想天外なプレイが数々あって観客を沸かせていました。

試合後に握手を交わし、お互い笑顔で話しているのを見ると仲も良さそう。

若い選手同士の激突殺気メラメラな試合とはまた違う「テニスの技を楽しむ」試合を見たような感じでした。でも、これがアンディと対戦だともちろん話は違いますが(苦笑)
[PR]
by lamerarod | 2005-09-04 13:14 | 観戦記

ウィンブルドン 2回戦辛勝
2005年 06月 25日
Andy Roddick def. 7-5 6-3 6-7(3) 4-6 6-3

心臓に悪い試合だったけれど何とか勝ってくれて良かった~
2回戦敗退という最悪のシナリオも予想していただけにひとまずほっとしています。

嬉しかったのは、
これで2004年全豪からの5セット試合5連続敗退の記録更新がストップ(苦笑)
全仏の時のように2セットリードからの敗退を繰り返さずに済んだこと。

4セット目
おーいアンディ生きているのか~?状態。何故かアンディが魚に見えて、水のないところにいて苦しんでいるように見えました(苦笑)相手のBraccialiは昨日からの勢いがずっと続いていて、リターンウィナー連続でした。解説者曰く彼はグラスコートやカーペットなど速いサーフェイスが得意なようで、以前はグロジャンよりも強かったそうです。3-3でアンディのサービスゲームをラブゲームブレイク(って言うのかな?)したときは凄かったです。Braccialiがアンディのゲームをブレイクした直後雨が降ってきたので試合中断。これもアンディにとってちょっと助けとなったかもしれません。暫く降っていた雨は止み3-4から試合再開。Braccialiは中断の影響もなくこのセットを取ります。

5セット目
アンディからゲームスタート。何となくBraccialiのショットに威力がないように見えました。ちょっと疲れてきたのでしょうか?アンディのほうは逆に調子を上げてきたようです。水を得た魚が息を吹き返してきた感じでした。アンディとしてもこんなところで負けたくはない!という意地があったのでしょう。そしてもっとネットに出るようになりアグレッシブになってきました。3-2でBraccialiのサービスゲームをさくっとブレイクし4-2リードとなります。また今回の印象に残ったシーンは、4-2で15-30のときにアンディがサーブ→Braccialiがナイスリターン→それをダイビングボレーし勝利したところです。昔の元気なアンディが見られた気がしました。その後水を得た魚はその勢いのままこのセットを取り勝利。

お互いウィナーの数が多くかったので良い試合だったと思います。アンディ、Braccialiお互いお疲れさまです。Braccialiは多彩でかつパワーもあるのでもっとこれから活躍してもおかしくない選手なのではと解説者が言っていました。

今回の勝利は相手がいくらランキング120位台の選手だとしても、接戦を勝ち抜いたことによりアンディにとってはちょっと自信ついたのではないかなと思います。全豪のときも楽なドローでしたが、始めから何故か勢いに乗ることができずにセミファイナルまで来てしまい、接戦を勝ち抜いて自信をつけてきたヒューイットに敗退したという痛い思い出があります。今回この試合ではこれを機に勢いにのってくれると良いです。

因みに、アンディの元コーチギルバートさんは今回もESPNで解説者+アナリストとしてTVに出演していますが、今日アンディに対するコメントを聞いて、まだギルバートさんはアンディのこと気にかけているように見えました。テレビの前なので真偽はどうか分かりませんが、表情を見るとそう見えました。

明日もさっそくコート1で第三試合にアンディの試合が組まれています。明日は私用で見られませんが、今日の勝利を糧に頑張ってくれると嬉しいです。
[PR]
by lamerarod | 2005-06-25 06:35 | 観戦記

ウィンブルドン 2回戦延長
2005年 06月 24日
今日はアンディの試合をフルで見ることができました。

A.Roddick vs D. Bracciali 7-5 6-3 6-7(3)で、日没の関係で試合は明日に延長となりました。

今日はサーブの調子は良かったのですが、課題となっているモチベーションがやっぱり今一歩しっくり行かなかったように見えます。フォアが強烈というイメージがあるのですが、どちらかと言うと相手のBraccialiの方がもっと攻撃的でパワーがあるように感じられました。ラリーに入ると殆どBraccialiがウィナーで決めていたと思います。Braccialiは前試合で長身ビックサーバーのカルロビッチにタイトな5セットで勝ち抜いてきたこともありアドレナリン度がかなり高く気合入っていました。ですので今試合はトップ2シードアンディに対して"nothing to lose" 「失うものは何もない」状態で始めから試合に挑んできてました。

明日はセンターコートで第二試合目に試合が行われます。良い方向で見れば、今日の日没の試合中断によってBraccialiに流れが傾きそうだったのを防ぐことが出来たように見えます。これで明日気を持ち直してアンディが気合を入れればさくっと4セットで終わる気がするのですが、そうは簡単に行かないと思うのでどうなるかドキドキであります。

さて、アンディと名前は同じですがイギリスの新星アンディ・マレイ(って正しいのかな?)が、同じくイギリスの期待ヘンマンの悲し~い敗退の直後、見事シード選手ステファネックにストレートで勝利しました。おーいヘンマン!そのうなだれた表情を見ると辛すぎるよ。相手のTursunovも勝った直後は思いっきり喜ばず静かに勝利を自分でお祝いしているように見えました。

さて、マレイ選手。動いているマレイを初めて見たのですが、アンディ(ロディック)に似ている!顔(特に目元と横顔)、背格好が似ているので最初ぱっと見たときえ?アンディと思ったほどです。また勢いやガッツ(表現古い?)がまさにアンディの18,9歳ごろとかぶりました。でも似ていると思っているのは私だけかもしれません。またマレイ選手はESPNのスタジオに登場していました。イギリスの大勢の観客の中でプレイするのはプレッシャーには感じなく、むしろそういう雰囲気が好きそうです。また意外なことにスペインのクレーで育ってきているようなので、クレーも期待できるかもしれませんね。プレイスタイルはまだあんまり分からないのですが、個人的に今後気になる存在となりそうです。
[PR]
by lamerarod | 2005-06-24 09:02 | 観戦記

全仏 2回戦敗退
2005年 05月 27日
アカスソに 6-3 6-4 4-6 3-6 6-8で敗退。

2セットアップで負けた~
いくつかチャンスあったのに締め切れずモノにできませんでした。
最近こういうパターン多いです(涙)

言いたいことは沢山ありますが、1つ言いたいのは、今後得意としているグラスやハードでもこのような状況だったらまじで心理カウンセラーつけたほうがいいのでは?と思います。MTFのアンディフォーラムで何度かこういう話が出ていました。

最近元気ないアンディをずっと見ているのでファンとしては辛い。
だから元気なアンディよ戻ってきておくれー。

とにかくお疲れさま。
[PR]
by lamerarod | 2005-05-27 04:04 | 観戦記

全仏 一回戦勝利
2005年 05月 26日
アンディはフランス地元若手選手Tsongaに6-3 6-2 6-4のストレート勝ちしました。
おめでとう。

テレビで試合を見ました。正直そんなに面白くない試合でしたが、ここぞというときは締めていたので比較的安定したプレーをしてました。また相手のTsongaが結構ミスが多かったことにも助けられたと思います。いつもより違って見えたのは急いでポイントを取りに行かなくなったこと。クレーでの試合運びを意識しているのかな。因みにTsongaは2003年にジュニアの全米オープンで優勝しているんですよね。同じフランス若手ガスケやモンフィスと共に活躍が期待されているようです。今のところクレーよりも速いサーフェイスのほうがどちらかというと得意の様子。またパワーはあるんですがフットワークを改善する必要がありそう(って偉そうに言える立場じゃありませんが)

2セット目中盤あたりでアンディコケてました。お尻からどってん。でもその後立ち直して結局ポイントは取ったようです。しかしよくコケるな。。。試合はコケないでくれよアンディ。

本日も気になったアンディのウェア。最初は以下の写真で登場。これは青なのかな?日本ではあんまり見ない色な気がします。でもシンプルでけっこう良いと思います。
b0070666_1154829.jpg



アガシ戦
これは見ていて切ない試合でした。3セット目のタイブレから見ました。途中から腰の痛みが出てきたようでタイブレ取った後の4,5セット目は全然良いプレーが見られませんでした。それでもトレーナーを呼ばず自分で持ってきていた痛み止めを飲んだくらいで最後まで棄権せずに試合をしていたのはアガシとしての意地もあったのでしょう。芝のシーズンまでには調子良くなってくれると嬉しいです。

ジェームズ・ブレーク
ESPNのスタジオに登場してました。昨年は大変な年(大怪我とお父様が他界されたこと)だったと聞きました。怪我により復帰も危ぶまれていただけに復活してくれて嬉しいです。今大会では確か予選から出場しているようです。因みに昨日本戦一回戦で見事ストレート勝利をしました。おめでとう。Welcome back, James!

ギルバートさん
ESPNは今年も全仏の試合を沢山放送してくれて嬉しい。普段はアメリカ人中心での放送が多いのですが、皮肉なことにアメリカ人のクレーでの活躍が少ないという現状に助けられ他国選手の試合もけっこう放送してくれています。おっと前置き長くなりましたが、今回もギルバートさんがまた解説者として出ています。そういえばギルバートさん、正式にゴロビンちゃんのコーチをすることになったようです。いちよう短期間ということなのですが。
[PR]
by lamerarod | 2005-05-26 01:27 | 観戦記

フェデラーはファイター
2005年 04月 05日
ナスダック男子決勝戦。

予想していたこと:ナダル君が若さと怖いもの知らずの勢いで勝つかもしれないということ。それは最初の3セット目タイブレであと2ポイントで優勝というところまでは当たっていた。またフェデラーは左利きの選手と暫く対戦していなかったから苦戦になるだろうなということ。

予想していなかったこと:フェデが2セットダウンから逆転勝利をおさめたこと。
私の記憶が間違っていたらすみませんなのですが、フェデは今まで2セットダウンからの逆転勝ちってなかったと思うんです。

この試合を見て自分がやっと認めたこと。

フェデラーはファイターである!

どんなに調子が悪くても我慢して勝利に持っていった姿に今回は感銘を受けてしまいました。やっぱり君は王者だよ!

そしてナダル君。
彼は単に若くて怖いもの知らずで勢いのあるだけの選手ではないと思いました。同じように若くて勢いがあってもそれをうまく活用できない若手選手が沢山いると思うのです。でも彼の場合はチャンスをうまく活かしているように見えます。また今回の試合でナダルにとって不審なラインジャッジがあり15-40とブレイクチャンスを握られましたがそこで切れずその怒りを良い方向に持っていき結局ゲームをキープしたところはやはり恐るべしティーンエイジャーだとも思います。
[PR]
by lamerarod | 2005-04-05 04:03 | 観戦記

デ杯から帰ってきました
2005年 03月 09日
今回のデ杯試合生観戦旅行では正直アメリカ勝利!という良いシナリオを期待していました。ですのでアメリカ敗退しかも地元での敗退というのは最悪のシナリオとなってしまいかなり残念です。しくしく。でも久々の旅行でビーチ好きな私としてはカルフォルニアのビーチを見ることができ、飛行機からはいろんな自然(オレゴン州のクレーター・レークやワシントン州のマウント・レーニアー(シアトル富士と私は勝手に名付けている))、そしてハリウッド高級住宅街(多分)、最後に自分の住んでいる街を上から見ることができて良かったです。
[PR]
by lamerarod | 2005-03-09 08:07 | 観戦記

デ杯現地より
2005年 03月 06日
とてつもなくご無沙汰しております。

今デビス・カップのアメリカ対クロアチア戦を現地にて観戦しています。

このブログに訪問いただいている方へ
私事ですが現在2人目を妊娠しています。そしてつわりが始まり年中乗り物酔い気分が続いているため、暫く調子の良いときにしか投稿できなくなるかもしれません。すみません。

でもデビス・カップ現地リポート+写真は後ほど投稿いたします。

やっぱり生で試合を見るのは面白い!
プロの試合は2001年のAIGオープン以来なのでこうして生で選手を見られるのはすごく嬉しいです。

ちなみに生アンディは「HOT」でした。(ミーハー丸出し)

アガシとルビチッチの頭のてかり具合は、、、引き分けですな。

アンチッチは頭が小さかったです。そしてかわいい。

ブライアンズ兄弟は、やっとどっちがマイクかボブか区別がつきました。左利きがボブということで覚えています。

今日はブライアン兄弟が負けたことによってまたアンディにプレッシャーがかかってきました。今絶好調のルビチッチの流れをうまく止めることができるといいのですが。なんとかここは頑張って欲しいものです。
[PR]
by lamerarod | 2005-03-06 16:31 | 観戦記

[TV観戦記]アガシ vs ヨハンソン他
2005年 01月 24日
アガシ vs ヨハンソン 6-7 7-6 7-6 6-4
PimPimことヨハンソンのサーブのほうがアンディよりも早くて威力があるように見えました。ヨハンソンは最初から常に攻撃をかけてエースを狙ってきていました。サービス・エースは51本(確か)で、1試合でのサービス・エース記録を更新したそうです。でもあんまりラリーはなく常にエースかエラーという感じに見えました。アガシとしては苦手のタイプと解説者が言っていたような。それでもアガシは重要なポイントは逃さず要所をとらえて勝利したと思います。

ヒューイット vs チェラ
試合は放送されずチェラの「ツバ吐き事件」のことを放送していました。何が起こったかっていうとチェラがミスしたときにもヒューイットが「カモ~ン」と言っていたことに対してチェラは腹が立ち、コート・チェンジのときにベンチに座っていたヒューめがけてツバを吐いてました。ヒューイットはそれに怒るような感じではなく笑っていましたが。試合終了後選手同士握手を交わすところでチェラは「Sorry」と言いヒューイットも「僕は気にしていないよ、大丈夫だよ」というようなことを言っていたようなので、とりあえず大丈夫だと思いますが。ただチェラはこの行為に対して罰金を課せられたようです。その後のチェラのコメントでは、「ヒューイットが決めたポイントに対してカモンと言うのはいいけれど、自分のミスに対して何度かカモンと言っていたので腹が立ちツバを吐き捨てた。ただヒューイットに向けてしてはいない」とのこと。でも映像を見た限りではヒューイットめがけてのように見えたんですが。。。
[PR]
by lamerarod | 2005-01-24 15:32 | 観戦記

[TV観戦記]鈴木貴男選手大健闘!
2005年 01月 20日
フェデラー vs 鈴木貴男 6-3 6-4 6-4

いや~(某解説者のように)さっき試合を観終わりましたが感動してしまいました。
あんな大舞台で世界1位のフェデラー相手に大健闘だったと思います。そしてサーブ&ボレー選手が絶滅危機にある中、貴男選手は貴重な存在だとつくづく思いました。

続きを読む
[PR]
by lamerarod | 2005-01-20 08:21 | 観戦記
Copyright © 2004-2009 la mer All rights reserved