テニス観戦好き。
  特にアメリカのアンディ・ロディックを応援しています。
  他にも気になる選手が沢山います。
  お気軽にコメント残してくださいね♪


AndyRoddick.com
↑アンディ・ロディック情報

人気ブログランキング参加中です。↓クリック宜しくお願いします!


ATP 全大会カレンダー

-------------
自己紹介
名前: la mer (らめーる)
住所: アメリカのシアトル在住
職業: 育児係
テニス観戦歴: 2001年5月~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【AWTF2009】祝・..
from タケゾウ日記
今日は何の日?点点子(デ..
from タケゾウ日記
リシャール ガスケ
from YouTube無料動画館
〈SEOP〉男子シングル..
from タケゾウ日記
〈AMS/PLO〉男子シ..
from タケゾウ日記
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:つぶやき( 89 )

[つぶやき]練習日記 今年はおしまい
2004年 12月 24日
今年夏からテニスクラブに週一回参加しています。でも今年は先週でおしまい。なのでちょっと寂しい。また来年も定期的に通いたいけれど、これからスノボのシーズンとなるので両立が難しくなるなぁ。

そういえば先日フォアのストロークを振り切りすぎて左肩を思いっきり強打してしまいました。自分のおバカさに暫くの間落ち込んでいたけれど、サーブをしたときに振りすぎて弁慶の泣き所を打ってしまったという人もいると聞いたので、自分だけではないと思いちょっとほっとしました。

近くに壁打ちできるところがあり、たまに打ちに行っています。私は壁打ちが好きです。打つことだけに没頭でき集中できるから。最近は我流だけれどシングルス・バックハンドの練習をしているんです。いちよう目指せエナン!なんだけれどなかなかうまく行かないのですよねぇ。スクールに通って習いたいと思っているけれど、お金がない。。。

最近ブライアン兄弟の試合を見ていてダブルスをやりたくなりました。彼らは双子のせいか見ていると本当に良いコミュニケーションが取れていると思います。双子って兄弟よりも仲が良いと聞いたことがあります。2人のボレーは本当次にどこに飛んでくるか予測できないし、多彩で見ていて面白い。

来年は良きパートナーを見つけてダブルス試合に出られるといいなぁ。
[PR]
by lamerarod | 2004-12-24 08:22 | つぶやき

[つぶやき]ブログについて
2004年 12月 18日
エキサイト・ブログを使って2ヶ月経ったけど、改善したいところが出てきたのでここらでちょっとリストアップ。

1.「最新のコメント」が表示できるようにしたい。

2.「続きを読む」機能が欲しい。(もしかしてこれはあるのかな?)
  →あった!投稿画面にある「More」をクリックすればOK.

3.それぞれのカテゴリーにリストが欲しい。(読みたい記事だけ探して読むことができるから)


[PR]
by lamerarod | 2004-12-18 14:13 | つぶやき

[つぶやき] ギルバートさんお疲れさま
2004年 12月 13日
昨年アンディを初のマスターズ優勝、初のグランドスラム優勝、そして年末世界1位となるまで導いたギルバートさんに一言「お疲れさま」と言いたいです。

前コーチのタリック・ベナビレスさんのときは互いの関係がうまく行かなかった理由の1つとして、タリックがアンディのことを息子としてしか見ていなく、口うるさい親みたいな存在となりアンディが行き詰っていたようですが、ギルバートさんとはどんな理由だったのでしょうか。ギルバートさんはタリックのような親と子のような縦関係ではなく、アンディを1人の大人として見ていると聞きました。友達のようにスポーツの話が出来るとも言っていたような。でも最近ギルバートさんとの関係については「熟年カップルみたい」とアンディはコメントしていたので、昨年のようなハネムーン期間はあっという間に過ぎてしまったかもしれません。

ギルバートさんはアンディ以外にゴロビンも少しコーチしているって聞いたから、今後は女子選手のコーチをする可能性もあり?

アンディの今後のコーチとしては、個人的にもっとクールな関係が保てる人のほうがいいような気がします。そしてもっと技術面(ボレー、バックハンド、ストロークのプレイスメント等)を教えてくれるような人。というのも最近アンディは力だけではトップでは生き残れない、もっと多彩性を持たねばと思ったのでしょうか、サーブ&ボレーを積極的に行って技術上達しようとしているみたいだし、戦術面でも考えているようだから。

ギルバートさんは相手選手のスカウティングには長けているけれども技術的なことはあんまり教えていない?ようなことも聞きました。でも上達はしているんだよね。バックハンドは繋ぐだけだったのが、エースを決めることが出来るようになったようだし。うーん。

どちらにしても、今後良い方向に行ってくれればファンとしては嬉しいですが。
[PR]
by lamerarod | 2004-12-13 15:28 | つぶやき

[つぶやき]アメリカ選手はクレーが苦手
2004年 12月 07日
アンディをはじめ今の若手アメリカ選手はクレーコートが苦手みたい。

ちらっと歴史を振り返ると、グランドスラム14個という最多記録保持者であるサンプラスも全仏では一度も優勝してません。一番良くてもセミファイナルまで。マッケンローも全仏での優勝はなし。でもサンプラスを筆頭にアメリカ黄金時代を築いた同世代のアガシ、チャン、クーリエは全仏で優勝していることが判明。アガシ、チャンは1回、クーリエは2回。
ん、クーリエ2回?凄いじゃない。ということでクーリエについて少しかじってみたところ、クレーはけっこう得意だったようで、しかもコーチがスペインの人だったらしい。そしてこの時はまだスペインや南米選手たちが今のようには活躍していなくまだ発展途上期だったので時期的にもタイミングが良かったようです。

因みにクーリエはデ杯監督になりたいようです。クーリエもデ杯メンバーとしてかなり活躍したようなのでその経験が生かせて良いかも知れません。

下はクーリエの最近のインタビュー記事ですが、保管しておきたいのでここに載せておきます。

Roddick Must Win Both his Singles Rubbers, says Courier

Andy Roddick will need to win both of his singles rubbers if the United States are to beat Spain in Seville. That is the view of Jim Courier, a man who knows what it takes to hit the victorious stroke in a Davis Cup by BNP Paribas final.

Courier, who defeated Jakob Hlasek to give the United States victory over Switzerland in the 1992 final, believes his country can win, but that it will not be easy.

“America has an extremely difficult task ahead of them in playing the final in Seville,” said Courier, who spent much of 1992 as the world’s No.1 player.

“The team that Spain will throw against us will be very comprehensive. There is no question, on the clay, that they are a superior team on paper. Andy Roddick is going to have to rise to the occasion. I believe that he needs to win both of his singles matches to stand a chance.”

The American also pointed to the strength of the United States doubles partnership between brothers Bob and Mike Bryan, and expects a point to come their way from that rubber.

“In the doubles we are the favourites, but that is no gimme either,” said Courier.

“In every other rubber we are the underdogs. It’s a great challenge, and I think all athletes like to have a great challenge in front of them. I think all of our players will rise to the occasion.

Some of Courier’s finest moments came in the Davis Cup. As well as his exploits in the 1992 final, he was also part of the victorious team that beat Russia in 1995.

He is perhaps best remembered, in Davis Cup terms, for his performances against Great Britain five years ago.

Facing Tim Henman and Greg Rusedski at the peak of their powers on a fast, indoor court in Birmingham, England, Courier wasn’t expected to stand a chance. With typical guts, determination and plenty of skill to go with it, the American defeated Henman 76(2) 26 76(3) 67(10) 75 in the first rubber, and then sealed the tie for his country by beating Rusedski 8-6 in the fifth set of the decider. It was one of the most extraordinary accomplishments seen in recent years.

Upon retirement, Courier spent a couple of years as his country’s coach, supporting current captain Patrick McEnroe.

The job of captain is also one that he aspires to..

“It’s pretty widely known that I would like to throw my name into the hat whenever Patrick McEnroe’s reign in America as Davis Cup captain comes to an end,” said Courier.

That won't be anytime before the end of 2006, after the USTA announced recemtly that it was extending McEnroe's contract until then.

“The Davis Cup is something that I have loved to participate in for many years. I have had some success as a player and would love to have some success as a captain.”

The American is not alone in that aspiration. These days he competes with many of his greatest rivals on the Delta Tour of Champions, and when he arrives in London for The Masters Tennis at the Royal Albert Hall next week, he will face Thomas Muster and Mats Wilander, who both currently captain their nations’ teams.

“It’s a natural evolution for players of our calibre who have played at that level and really enjoyed the fruits of Davis Cup and been in the battle fields,” he said.

“It’s another way back into it and I would love to be part of that.”
[PR]
by lamerarod | 2004-12-07 02:44 | つぶやき

[つぶやき]アンディは何人?
2004年 12月 04日
そういえばアンディは白人で欧米系だと思うけれど、元を辿るとどこの人だろう?と思ってました。それでMensTennisForumのアンディスレッドをよく見に行ってるんですが、Roddickの名前由来について話題が出ていました。誰かがラストネーム検索サイトを使って調べてくれました。

-------------------------------------------------------------------------------
What does the Roddick name mean?
Last Name:*Roddick
1. Scottish and northern Irish: probably a variant of Reddick.

What does the Reddick name mean?
Last Name:*Reddick
1. Scottish and northern Irish: habitational name from Rerrick or Rerwick in Kirkcudbrightshire, named with an unknown first element + w¥c ‘outlying settlement’. It is also possible that the first element was originally Old Norse rau©£r ‘red’.
2. English: habitational name from Redwick in Gloucestershire, named in Old English with hrïod ‘reeds’ + w¥c ‘outlying settlement’.

http://www.ancestry.com/search/SurnamePage.aspx?html=b&ln=Roddick&sourcecode=13304
-------------------------------------------------------------------------------

ふ~ん。スコットランドと北アイルランドから来ているのね。
私は勝手にイタリア系と思っていたんですが、全然違いました。
アンディのあの気性の激しさはもしかしたらスコットランド人気質から来ている?と言っている人がいましたが、スコットランドの人ってそうなのかな。

そういえば場所ってどこだっけ?辞書で見てみました。(goo国語辞典より)

スコットランド [Scotland]
イギリス、グレート-ブリテン島の北部を占める地域。イングランドと対立抗争を繰り返したが、1707年合併した。牧羊が盛ん。住民は主にケルト人。中心都市エディンバラ。

アイルランド [Ireland]
(1)グレートブリテン島の西方にある島。面積8万2千平方キロメートル。同島の大部分を占めるアイルランド共和国と、北東部のイギリス領北アイルランド(アルスター州)とから成る。
(2)アイルランド島の大部分を占める共和国。首都ダブリン。国民はケルト系でカトリック教を信仰する。一二世紀半ば以降イギリスの支配下にあったが、1922年イギリス連邦の自治領としてアイルランド自由国が成立、37年独立してエール(アイレ)共和国に国号を変更。49年連邦を脱退し、現在の国名となる。主産業は酪農。面積7万平方キロメートル。人口三五六万(1993)。正称、アイルランド。〔「愛蘭」とも書く〕
[PR]
by lamerarod | 2004-12-04 05:19 | つぶやき

[つぶやき]デ杯だったら何でもあり?
2004年 12月 02日
今回のデ杯決勝ではアメリカはかな~り不利(クレイコート=アメリカ人が一番苦手なサーフェイス)と言われているようですが、デ杯だとそんなのあり?というような驚き勝利がたまに起こることがあるようです。

1つの例として2002年のベスト8でアメリカ対スペインでコレチャがサンプラスと対戦したとき。これは逆にスペインは芝が苦手というイメージがあったようですが、2セットダウンからなんとウィンブルドン7回優勝で芝の王者サンプラスに勝利を収めたのです。

R2 - A.CORRETJA (ESP) def. P.SAMPRAS (USA)
4-6 4-6 7-6(4) 7-5 6-4

今回の決勝もひょっとしたらSupriseが起こる可能性あり?
うーん。それは難しいかな。
[PR]
by lamerarod | 2004-12-02 00:58 | つぶやき

左右の生え際
2004年 11月 25日
最近のアンディの坊主頭を見てどうしても気になること。

左右の生え際。

さりげなく少しずつ後退している気がするんだよな~。
誰が見ても分かるようになってきたのは今年のはじめに坊主頭にしたとき。
なんとなく左右の生え際が後退してきていてU字型に見える。
髪の長いときはあんまり分からなかった。また2002年のバイザー時代は帽子かぶっていない写真を見ても生え際はそんな後退していなかったような気がする。勝手な私の理想としてはアンディのような童顔にU字型は許せないのである!だからそれ以上進化しないでおくれ~。といってもアンディだからまだ許せちゃうのだけれどね。

多分神経使うスポーツなんだろうなぁ。そして世界1位やトップになるには並大抵の努力ではなれないだろうからやはり頭にくるのだろうか。

ということで他にも後退予備軍の選手がいるかどうか探してみた。
(ヒマな奴やな~、でも一度気になるとある程度納得行くまで調べたい性格なものでして。。。)

意外といることに気づいた。
何となくヒューイット、ナル、モヤ、マリッセ、ロクス、他。。。
フェデも坊主にしたら意外と?

ということで結論。

テニス選手ははげやすい。

あ~言ってしまった~すっきりした~
何となく非難ゴーゴーの声があがってきている気が。。。
[PR]
by lamerarod | 2004-11-25 09:01 | つぶやき

テニス観戦のない生活
2004年 11月 24日
これで今年のATPの試合はおしまい。
アンディはデ杯があるからまだ観戦はできるけど。

でも何気にほっとしている。
何故かって応援していると心臓や胃腸に良くないんだもん(苦笑)
ついつい力入りすぎて苦しくなっちゃうのよね。

もっと気楽に観る方法ってないのかしらね~
はまりすぎるからいけないのよね~
[PR]
by lamerarod | 2004-11-24 17:24 | つぶやき

ブログ画像
2001年 01月 20日
b0070666_7572647.jpg

[PR]
by lamerarod | 2001-01-20 07:54 | つぶやき
Copyright © 2004-2009 la mer All rights reserved