テニス観戦好き。
  特にアメリカのアンディ・ロディックを応援しています。
  他にも気になる選手が沢山います。
  お気軽にコメント残してくださいね♪


AndyRoddick.com
↑アンディ・ロディック情報

人気ブログランキング参加中です。↓クリック宜しくお願いします!


ATP 全大会カレンダー

-------------
自己紹介
名前: la mer (らめーる)
住所: アメリカのシアトル在住
職業: 育児係
テニス観戦歴: 2001年5月~
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【AWTF2009】祝・..
from タケゾウ日記
今日は何の日?点点子(デ..
from タケゾウ日記
リシャール ガスケ
from YouTube無料動画館
〈SEOP〉男子シングル..
from タケゾウ日記
〈AMS/PLO〉男子シ..
from タケゾウ日記
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゲーム TOP SPIN 2
2006年 04月 28日
クレイシーズンってアンディ活躍しなさそうだから暇かも(苦笑)
とは言っても私クレイコートは好きです。赤土きれいだし、赤土にまみれて戦っている選手たちかっこいいですし。因みに私はグガことクエルテンがお気に入りの選手の一人なのですが、彼がまた活躍してくれる日を願っています。でも難しいかな・・・私にとって一番残念なことは彼が絶頂期のときにテニス観戦に全然興味なかったということです。いつかグガの全仏優勝のときの試合を観たいものです。

さて、前置き長くなってしまいましたが、アンディの公式ページでテニスゲーム「TOP SPIN2」のビデオが掲載されてましたのでリンクを貼っておきます。

1.Video: Top Spin 2, Andy Wins Paris

2.Video: Top Spin 2, Andy Wins Greece

1ですが、何故にパリで勝利のビデオなんでしょう?現実で勝つのは厳しいからバーチャルな世界で勝たせてあげたかったのでしょうか(苦笑)あとバックハンドが本物よりも上手いんじゃない?(苦笑)ってイヤミな言い方でしたね。ははは。

因みにアンディのスクリーンショットはこちら

ゲームの画像綺麗です。そして選手の特徴もけっこう忠実に表現していると思います。選手リスト見ましたが、男子はアンディの他にフェデラー、モヤ、ブレイク、ヒューイット、コリア、ミルニ、グロジャン、ヘンマン、ハースが入ってました。あれ、今が旬のナダル君は?そしてサフィンや大御所アガシもいない。


参考ホームページ:
TOP SPIN 2公式ホームページ 
 (シャラポとアンディがトップを飾ってます)
2K Sports - TOP SPIN 2ページ

ラコステ(アメリカ)
 →ページ右上の「Want to be Andy?」をクリックするとTOP SPIN 2のページが出てきます。グロジャンも出ています。
[PR]
by lamerarod | 2006-04-28 07:17 | ニュース

ヒューストン 気が付けばお魚君優勝
2006年 04月 18日
週末はスノーボードへ行ってきたため今筋肉痛真っ只中です。

さて先週のヒューストンの大会、アンディはQFで今年好調のハースにやっぱり負けちゃったんですね・・・1セット目取っていたのに逆転負けというのが残念。そしてハースはこの試合の後半より手首を痛めて次のフィッシュ戦では途中棄権したらしい。うーん。ハースお大事に。

でも、魚君(フィッシ)久々の優勝おめでとう。長い間怪我で試合に出場できなかった時期もあったので、この優勝は本人にとっては凄く嬉しかったのではないかと思います。因みにお魚君はアンディの幼なじみ。高校生の頃約一年間アンディのお家にホームステイしていたそうです。

因みにこの大会、アンディは2001年~2005年まで連続で決勝に進出していて、01, 02, 05年と3度優勝しているので相性の良い大会なんです。でも今回は初めて決勝まで進むことが出来なかったということでけっこう残念です。

また、この大会のクレイはわざわざヨーロッパから運んできて、全仏の赤土と同じものを使用しているというのを聞いたことがあります。ということはサーフェイスは同じ条件ながら何故にアンディは他のクレイ(ヨーロッパ)の大会で活躍できないの?という疑問があります。多分、この大会はアメリカ地元なので有利であるのと、クレイ・コートスペシャリストは殆ど出場していないということで活躍できるんでしょうが、ヨーロッパのクレイだとそうじゃないからなかなか活躍できないということなのかな、と最近このような結論で締めくくることにしました。

*  *  *

もう今週からマスターズ・シリーズ、モンテカルロの大会が始まっていますが、アンディは毎年恒例(笑)なのか今年も出場していません。今回はどんな理由で欠場しているのか調べていないので分かりません。アンディの立場からだと、これから暫く数ヶ月の間ヨーロッパでの大会が続くので、その前に家族や友達に会ったりと少し休んでおきたいのかもしれませんね。それはそれで私としては良いと思っています。でもプロとしては???かもしれませんが(苦笑)
[PR]
by lamerarod | 2006-04-18 09:02 | つぶやき

空中空手
2006年 04月 11日
b0070666_13253236.jpg
アチョ~!

滑稽な格好だったのでつい載せてしまいました。
アンディってたまに変な格好するので面白い。
[PR]
by lamerarod | 2006-04-11 13:26 | 写真で一言

デ杯 SF進出!
2006年 04月 11日
アメリカ対チリ戦は3-2でアメリカ勝利となりセミファイナル進出となりました。

おめでとう。

次の対戦国はロシアと。今度はロシアで開催で、もうさっそくサーフェイスはアメリカ人が苦手のクレイとなったようです(笑)と言ってもダブルスのブライアン兄弟は全仏で優勝しているのと、クレイのほうがむしろ得意とのことなので、勝つ可能性が0%とは言い切れませんが。

ただ万が一ロシアに勝ったとしても、決勝はオーストラリアかアルゼンチンと。どっちが来てもアメリカはアウェイとなります。オーストラリアはともかくアルゼンチンとだったら、またクレイ地獄への道が待ち受けているのでこれまた勝つ可能性が低いなぁ・・・そしてオーストラリアは多分上がって来ないでしょう(苦笑)だって今度はアルゼンチンが開催国なのでオージー達がクレイコートでボコボコにされるのは目に見えているし・・・特にヒューイット大丈夫かな・・・


試合結果:
× R1 - F.GONZALEZ (CHI) def. J.BLAKE (USA)
  6-7(5) 0-6 7-6(2) 6-4 10-8

○ R2 - A.RODDICK (USA) def. N.MASSU (CHI)
  6-3 7-6(5) 7-6(5)

○ R3 - B.BRYAN / M.BRYAN (USA) def. P.CAPDEVILLE / A.GARCIA (CHI)
  6-1 6-2 6-4

○ R4 - A.RODDICK (USA) def. F.GONZALEZ (CHI)
  4-6 7-5 6-3 6-2

× R5 - P.CAPDEVILLE (CHI) def. J.BLAKE (USA)
  6-3 6-4


お国のためならアドレナリン度200%で普段の試合以上の実力を発揮するマスーとゴンちゃん。アンディも愛国心が強いけれど、それに劣らずとっても愛国心が強くて熱~いお2人。2004年のアテナ・オリンピックでマスーはシングルスで金メダル、ゴンちゃんは銅メダル、そしてこのペアでダブルス金メダル獲得と凄いことを成し遂げてます。またゴンちゃんは昨年のウィンブルドンではベスト8まで進出し、フェデラーには敗れたもののかなり善戦したそうです。ですので、アメリカはたとえ地元開催でチリが苦手と思われる芝をサーフェイスに選んだとしてもここは侮れず慎重に挑んでいったようです。因みに今回の監督は元アンディのコーチであるゴールドファインさんでした。いつも監督しているパトリック・マッケンローは、もうすぐ第一子が産まれるため自宅待機だったそうです。

前回ルーマニア戦ではブレイクが活躍してくれたけれど、今回はアンディが活躍してくれました。因みにアンディは決定試合(その試合に勝てば勝利)では今回の勝利を含めると7-0と全勝しているようです。

今回のTV試合観戦記は後ほど時間があれば書きたいと思っています。

試合を見た感想ですが、昔のアンディが戻ってきてました。今年の中では一番良い試合だったと思います。まだまだ可能性があるんだな、先行きは明るいな、というプレイをしてくれました。この後は苦手のクレイですが、この試合で勝てて少し自信がついたようなので、ある程度活躍できるといいです。
[PR]
by lamerarod | 2006-04-11 13:04 | ニュース

NASDAQ-100 思ったことでもつらづらと
2006年 04月 02日
先ほど自分の書いた文章をを読み返してみたんですが、「昔の強烈フォアが戻ってきている」「調子が戻ってきている」「自信がついてきている」と似たような表現でちょっとうるさいな~っと思いました。見苦しいと思った方もいらっしゃると思うので、この場でごめんなさいしておきます。

さて、NASDAQ-100の試合を見て思ったことをつらづらと。

■ゴロビンの涙
M. Sharapova def. T. Golovin 6-3 6-7 4-3 Retired.

対シャラポワ戦で足をひねってしまったゴロビン。テレビで転ぶ瞬間をスローモーションで映していたのですが、足首が90度曲がっていてかなりのひねり方でした。その後しばらく痛くて動けずうずくまっていました。そして痛みと悔しさでゴロビンちゃん涙ぐんでました。インジュアリー・タイムを取り足首にテープを巻きつけて試合を再開したものの、痛みはおさまらず結局リタイア。2セット目を1-5から挽回してタイブレで勝っただけに非常に残念でした。

スタッフに支えられながら涙ぐんでコートを去るゴロビンちゃんを見てこちらもつい涙してしまいました。

怪我お大事に。早く治ると良いです。

■フェデラーの奇妙奇天烈摩訶不思議ショット
R. Federer def. D. Ferrer 6-1 6-4

2セット目フェレールが打ったバックハンドボレーを普通なら返せなさそうなのに、フェデラーはそれをバックハンドで信じられない角度でクロスコートにパッシング・ショットしてきました。主審もこのショットを見て思わず拳を握ってこんなジェスチャー→をしてました。ATPメルセデス・ベンツPlay of the week に選ばれるかもしれませんね。

ということでフェデラーのショットを私は奇妙奇天烈摩訶不思議と表現したいです。因みにこの表現はドラえもんの主題歌「ぼくドラえもん」からのものです。そこでちょいとその替え歌を作ってみたり。

♪ コート上は冷静 でも実は涙もろい それがどうした ぼくロジャー・フェデラー

異次元世界の スイス型プレイヤー どんなもんだい ぼ~くロジャー・フェデラー

奇妙奇天烈摩訶不思議 奇想天外世界一位 超速特急追越不可能

ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー 

ホンワカパッパホンワカパッパ ロジャー・フェデラー ♪

はい。すみません。こわれてます。
そしてフェデラーファンの方で気を悪くされた方いましたらごめんなさい(苦笑)
[PR]
by lamerarod | 2006-04-02 07:42 | つぶやき
Copyright © 2004-2009 la mer All rights reserved